換気ドキの機能・仕様

クラウド型簡易空気品質(CO2濃度等)計測器にご関心をお持ちくださり誠にありがとうございます。

 

CO2濃度計測機品は多数ございます。非常に廉価な物もあり、多数の場所を計測するには向いていますが、CO2濃度を確認するには、設置した機器のもとを目視確認して回る必要があります。毎日目視点検して回り、値が悪ければ換気する、といった運用は現実的ではありません。そのような問題を解決するために、携帯電話回線を内蔵したCO2濃度計測器を開発しました。

機能・仕様記事一覧

CO2濃度計測に実績のある「Senseair K30」を採用し、CO2濃度が計測できます。呼気中にCO2が含まれるため、人が居る密閉した空間では、CO2濃度が上昇していきます。CO2濃度が一定量を超えると、本体の赤いLEDが点灯または点滅してお知らせします。また、メールアドレスを設定することで、一定の基準値を超えた場合、メールでお知らせします。

ログイン画面ログイン画面を開きます。発行された開通案内に記載のユーザ名とパスワードを入力するとログインできます。管理画面計測機器の一覧が表示されます。設置場所名部分をクリックすると、その設置場所の計測データをグラフ表示できます。設置場所名設置場所名は自由に設定することができます。「ビル」アイコンをクリックすると、設定画面が表示されます。(文字数制限有)メール送信有無の設定CO2濃度が設定値を超えて...

本体の液晶画面で、CO2濃度、温度、湿度を確認することができます。画面は、3秒ごとに以下の順序で切り替わります。CO2濃度 → 温度 → 湿度 → CO2濃度 → …表示される値は瞬時値です。管理画面の値(10分平均値)とは異なりますので、ご注意ください。

本体のQRコードを読み込むと、ゲスト用画面にアクセスできます。管理画面と違い、表示する項目を制限してあります。直近10分間の平均値のみ表示し、グラフ表示はできません。表示する項目は以下の通りです。CO2濃度風量騒音温度湿度不快指数ゲスト用画面は、24時間のみ有効です。来訪したゲストが永続して確認することは出来ませんのでご安心ください。また、ゲスト画面を無効にしたい場合は、お問い合わせフォームよりご...

トップへ戻る